ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

緑内障検診

もくじ

緑内障とは?

緑内障は視神経が侵され視野が狭くなる病気です。病因の一つとしてあげられるのが眼の内圧(眼圧)の上昇で、眼底の視神経を圧迫し、視野が欠損します。現在の医学では、一度欠損した視野を元に戻すことができないため、病気の進行を食い止めることが目標となります。したがって早期発見・早期治療が大切です。

自覚症状は進行するまで現れない

急性閉塞隅角症からくる緑内障は突然激しい眼痛・頭痛を生じますが、その他は初期のうちは痛みもなく自覚症状があまりありません。これは一般に人は両眼で見るので、片眼の視野が欠けていてももう片方が補い認識が遅れるためです。視野の欠損に気付く頃には、実はかなり悪化している場合が多いのです。現在40歳以上の20人に1人が緑内障患者で、気付かずそのまま生活している潜在患者数は4 0 0万人とも言われています。また最近では糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となりました。

視野障害の進行※右眼(グレーの部分が視野の欠けて来ている所です)
視野障害初期
視野障害中期
視野障害末期
眼の中心をややはずれたところに暗転(見えない点)ができます。 暗転が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の眼によって補われるため、異常に気づかないことが多いようです。 視野(見える範囲)はさらに狭くなり視力も悪くなって、日常生活にも支障を来すようになります。さらに放置すると失明に至ります。
実際には両眼でカバーしたり、
眼を動かしたりするために気づかないことが多い。

緑内障の種類

正常眼圧緑内障(NTG)
眼圧は正常範囲内なのに起こる緑内障です。 日本人の緑内障の約7割を占めています。
原発開放隅角緑内障(図1)
眼圧が高い緑内障です。
原発閉塞隅角緑内障(図2)
「隅角」と呼ばれる部分が、狭くなったり、 閉塞したりしている緑内障です。
続発緑内障
ほかの病気や薬の影響で眼圧が上昇し、起こる緑内障です。
発達緑内障
生まれつきの緑内障です。
早期発見・早期治療が大切です。
自覚症状が無くても眼科で検診を受けることをおすすめします。

緑内障について

ここからフッター