ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

眼瞼下垂

もくじ

眼瞼下垂とは?

よくある症状

眼瞼下垂とは、『上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなり、視界が狭くなったり物が見づらくなったりする状態』をいいます。

眼瞼下垂の人は無意識のうちに視界を確保しようとして、眉を吊り上げ眼を見開いたり、常に顎をあげながら物を見るようになります。この慢性的な額の筋肉の緊張が、頭痛や肩こりの原因になってしまうのです。症状が悪化すると吐き気や目眩、交感神経の緊張を引き起こしたりすることもあります。他に重症筋無力症や動眼神経まひといった原因の場合、眼瞼下垂に加えて物が二つに見える(複視)症状がでることもあります。片眼のみ眼瞼下垂の場合は、外見的にも左右が非対称になり気づきやすいですが、両眼ともの場合は、かえって分かりにくいことがあります。

眼瞼下垂の程度

正常
上まぶたのフチが角膜(黒目)にほどんどかかっていない状態。
軽度
上まぶたのフチが角膜(黒目)と瞳孔の間にかかっている程度。
中等度
瞳孔の上半分にかかっている程度。
強度
瞳孔の下半分までかかっている程度。

しかし、眉毛をあげてよく見ようとする動きがあれば、軽度と判断してしまうこともありますので、専門の医師に判定をしてもらいましょう。

症例

老人性下垂
加齢によりまぶたが弛んだり、まぶたを挙げる筋肉の作用が弱くなることでおこります。
コンタクトレンズ下垂
ハードコンタクトレンズを長年使用している人に多く、レンズを外すときにまぶたを引っ張ることなどが原因とされています。症状に左右差があることが多いです。
白内障などの手術による下垂
術後の炎症が強かったりすると、進行する場合があります。
先天性下垂
生まれつきまぶたを挙げる筋肉の作用がほとんどありません。先天眼瞼下垂において、眼瞼挙筋(上まぶたを挙げる作用をもつ筋肉)の形成不全が原因とみられる場合は、眼球運動障害を伴うことはありません。下垂の程度によっては手術を要します。

眼瞼下垂について

ここからフッター