ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

眼鏡屈折

もくじ

屈折検査

まず、オートレフラクトメーターを用い他覚的に屈折の検査を行います。 ある程度の屈折の度合いが分かりましたら、検眼で眼の近視、遠視、乱視の度合いを自覚的に検査していきます。 屈折検査により視力が出づらい場合には、眼精疲労の可能性がありますので、ワック5000を用い筋肉の緊張をほぐす治療を行うこともあります。

正常眼

眼は近くのものを見ようとするときは、屈折力が大きくなるよう水晶体の厚みが増加し、遠くはその逆の状態になります。私たちの目はこのような調節を自動で行っており、調節をしていない状態で網膜にうまく焦点を結べるような眼を正視眼と呼びます。

屈折異常

近視眼

調節をしていない状態で、光が網膜より前に焦点を結んでしまう状態です。遠くのものを見たときはぼんやりしていますが、近くにあるものに対しては焦点を合わせてみることができます。角膜や水晶体の屈折力が強すぎるために起こる近視と、眼球の長さが伸びてしまうために起こる近視とがあります。凹レンズを用いて矯正します。

遠視眼

調節をしていない状態で光が網膜より後ろで焦点を結んでしまう状態です。遠くのものも近くのものもはっきりと見ることができません。角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こる遠視と、眼球の長さが短いために起こる遠視とがあります。小さいお子さんの遠視では、調節を最大限に働かせて焦点を網膜に近づけようとすることを無意識のうちに行っている場合があります。凸レンズを用いて矯正します。

偽近視

俗に「仮性近視」と呼ばれるもので、何らかの原因で調節が過度に働いたままの状態になってしまっているものです。正視、遠視、近視のいずれでも起こり得ます。正視の人では近視に、近視の人ではより近視が強く、遠視の人では遠視が軽くなったようになりますが、いずれも見かけ上のものです。調節を一時的に麻痺させることのできる目薬をさした後に特徴的な屈折の変動を示すことで診断することが可能です。

乱視

乱視の原因は主に角膜と水晶体の歪みによるものです。人間の目は大なり小なり歪みがあるのが普通で、そうなると角膜や水晶体を通過する光の屈折が光の入ってくる方向によって均一でなくなります。多くの乱視は、近視や遠視と同様に補正レンズで矯正することが可能ですが、角膜の病気などが原因で起こった乱視は矯正することが困難です。

眼鏡屈折について

ここからフッター