ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

コンタクトレンズ疾患

もくじ

角膜への機械的刺激による疾患

レンズについた汚れや異物が擦れて、キズをつくることがあります。またコンタクトレンズのデザインと角膜の形が合っていないと角膜上皮に障害を起こしてしまいます。

ハードコンタクトによる疾患

ハードコンタクトレンズをはずしても耳側と鼻側、時計でいう3時と9時に局所的な充血が引かない場合、眼球表面の結膜が隆起してそこに瞬きによるコンタクトの機械的刺激が慢性的に加わるために、充血が認められる様になります。この症状を「3時-9時ステイニング」といハードレンズ装用者によく見られる症状です。コンタクトのフィッティングや涙の状態が悪いことが原因のことが多い様ですが、感染、アレルギーなども原因となる場合がありますのでご相談下さい。

ソフトコンタクトによる疾患

ソフトレンズを使用中に、黒目の上部に傷が出ることがあります。黒目の上部から1〜2mmの離れたところにできる特徴があります。医学的にはepithelial splitting(エピセリアルスプリッティング)と呼ばれております。すべての人にでるわけではないのでレンズとの相性が関係していることもあります。痛みや充血が出ることがありますので、自覚して来院される場合もありますが、症状がほとんどない場合も多いです。傷の出にくいレンズに変更すると傷は消失しますが、治療のためにコンタクトレンズの中止が必要な場合もあります。

異物感や違和感、痛み等を感じるようでしたら、眼科を受診して下さい。

CL疾患について

ここからフッター