ここからグローバルメニュー

ここからメインコンテンツ

日帰り白内障手術

もくじ

白内障とは?

白内障とはこういう病気

明るいところへ出ると眩しく見づらい。 ぼやけたり二重に見える。 一時的に近くが見えやすくなる。眼鏡が合わなくなる。

白内障とは、水晶体という眼の中のレンズが濁り、視力が低下する病気です。水晶体は加齢変化に伴い黄白色っぽく濁ることが多く、進行すると黄白色のフィルターがかかったような見え方になってしまいます。加齢による白内障の場合、最初に近くが見えやすくなる「近視化」が起こることがあり、そのあと「目がかすむ」ようになります。この近視化は、水晶体屈折率が変わるために起こるもので、近視がなかった人は近視のようになったり、それまで近視だった人は近視が強くなり、眼鏡があわなくなったりします。


また、目のかすみよりも先に「まぶしい」という症状が現れることもあります。これは、水晶体の濁りが光を乱反射するためです。このような場合、視力はよくても、屋外ではとても見づらい状態になります。

水晶体が真っ白になってしまっている成熟白内障になると、水晶体がカチカチに硬くなっているため、器械で水晶体を砕くことが難しいケースも出てきます。 また白内障が進行すると、緑内障やブドウ膜炎などの他の恐ろしい疾患を併発してくることもあります。

自己判断はせず定期的に専門医の診察を受けて適切なアドバイスを受けるようにしてください。

原因となること

白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。
目の老化で白内障が発症しますが、60歳代で70%70歳代で90%
80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。

目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などにより若いうちから発症することもあります。
その他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気によって続発性白内障が発症したり、網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどには白内障が進行しやすい傾向があります。

白内障の治療方法

白内障が軽度で、あまり視力に影響のない場合は点眼薬や内服薬による進行予防をおこないます。
現在までに開発された「抗白内障薬」は、全て進行予防に働くものですが完全に進行を阻止することは不可能で進行を遅らせるといった効果しか期待できません。

いったん白内障が進行して水晶体が混濁すると薬などで元の透明性を回復することはできません。
したがって、白内障が進行した場合は手術以外に視力を回復する手段はありません。手術をすると視界の濁りがとれ、快適にお過ごし頂けるようになります。手術時間自体は20分ほどで終わります。是非一度ご相談下さい。手術の詳細はこちら

白内障について

ここからフッター